FC2ブログ
topimage

2019-11

やっとスペインとさらばだ。 - 2012.07.07 Sat

スペインは夜も朝も遅くて、ズボラな私にはぴったり。(もちろん早朝からちゃんと働いてる人もいるよ)
この宿もチェックアウトは12時なんで、目覚ましもかけず思いっきり眠ってやりました。ま、ガサガサ旅立つ人がいるんで目は覚めるんだけどね。
時間あるし、ゆっくりゆっくり支度して、ギリギリまでWi-Fi使って調べ物。
最後にセビリア人にバイバイ言って、12時2分前に「チェックアウトしたいんだけど…」ってあの感じ悪いおっさんに言ったら、「OK、バイバイ。サヨナ~ラ」となんの手続きもなくアッサリ。B型なのかお国柄なのかアジア人の見分けがつかんのか(昨日から韓国人2人組が泊まってる)、昨日とはうってかわってご機嫌で送り出してくれました(笑)。

この宿、注意書きがあって、"チェックアウト後の荷物預かり2ユーロ"ってあったので、お金払うの悔しいし居心地悪いからって12時で出てしまったけど、夜行バスの20:30までどうしようか?

もうマドリッドには興味ないし(笑)、足守りたいから余分に歩きたくないし、バスメトロ10回券もあと1回しかないのでもうバスターミナルへ向かっちゃいます。
ベンチあるし最悪ずっと寝てればいいや。

バスターミナルについてビックリ、イスの数もすごいんだけど
それ以上に人の数がすごくくて、1列陣取って寝るのは不可能。
フードコートみたいなカフェテリアがあって、そこはものすごいすいてるので絶対高いだろうけどランチがてら入りました。
もちろん英語は通じず、オペレーションも悪くかなり時間かかってイライラ(笑)
こんなしょうもないもんが5.70ユーロさ。(写真)

冷房も十分なほど効いてて、なかなか快適に過ごしました。
あとコンセントとWi-Fiがあれば文句ないんだけど(笑)
今までの家計簿まとめや、次しなくちゃいけないこととかやっとゆっくり考えられました。
今のところ約50日で35万超えです。
この旅は貧乏旅行なので、1日6,000円ぐらいで過ごさなきゃいけないのにそれが守られてる日はわずか…。
物価高のフランスをさっさと抜けて、東欧を楽しめますように。

2時間ぐらい居座ったところで膀胱が限界(冷房効きすぎ)になったので出ました(笑)
(トイレは外の公衆です。数は多いからそんな待つことはないよ)

その後、昨日の下見で奥の方にネットカフェを見つけたので覗きました。
係員は1人もいなくて、プリンターが使えるかは不明。使えるのは50セントと1,2ユーロコインオンリー。両替機はないっぽい。15分1ユーロ。…やめとこ。

近くのベンチで荷物整理したり、ぼーっとしてるうちになぜかまた超変な姿勢で爆睡してました。
疲れてるのかなぁ。
そうこうしてるうちに時刻は17時をまわりました。
あと3時間半。
別にお腹空いてないけど、色々計画立てたりするのに、机があると便利だったので、今度は夕食がてら再びカフェに行くことに。
このカフェスペースは3社入っててうち1社は潰れてます。
せっかくなんでお昼の店と違う方へ。
もちろんここもスペイン語メニューでさっぱりわからないので
勘で頼んで何が出てくるかはお楽しみ。
プレートメニューの4番を注文したけど、店員さん困惑。
「え?くあとろ?」とか言ってる…。
おっと!あやうく4プレート頼むとこだった。
4番を1個ね!
ほんと言葉ができたらこんなにスペインでつまらない思いしなくてもよかったんだろうな(苦笑)
次来るなら絶対誰かと一緒がいいな(笑)

ちなみに出てきたのは揚げすぎた白身魚フライでした。しょーもな!

白ワインと合わせて10.05ユーロ。

今度はあまり居心地良くないとこ座っちゃって、対して冷房も効いてないしあまり長居できませんでした。

そしてまた発着時刻掲示板の前のベンチでうたた寝。
出発の25分前にようやく出発ゲートが発表されました。
(まぁ、昨日チケット買いに来た時おっちゃんが29か30ゲートやわって言ってくれてたけど)

ほんととてつもなくデカいバスターミナルです。(写真)
30ゲートは1番奥でした。
普通に乗りに行ったらチェックインしなきゃダメだと運転手に言われました。
乗り場のすぐそばにALSAのカウンターがあります。
スペイン語でよくわからなかったけど荷物は?的なこと言ってるっぽい。たぶん荷物タグいるか聞いてるんやろな。すでに預けてるけど…。大丈夫?もう信じるしかない!
そしていよいよバスに乗り込むとイヤホン渡されました。
今回はALSAなんだけどユーロラインの車体、期待したWi-Fiは使えませんでした。ALSAのバスならパス知ってるから絶対そのまま使えたぜ。

シートナンバーがあったから探してたけど関係ないらしい。
人数多くて不安だったけど2席占領、ラッキーと思ったら早速1個目の停留所で女の子乗ってきちゃった。
こういう時、黒人の男の人って有利よね。小さいアジア人の女の子の横のほうが広く使えそうだし、こっち座るよねー(苦笑)

夜行といえども22時ぐらいまで明るいから十分車窓を楽しめます。
(写真)
マドリッドの郊外でいきなり減速。なんだろうと思ったら、高速道路1車線工事中でつまってたみたい。まぁ一瞬だったけど、思えばヨーロッパに来て初めて渋滞体験したかも?日本とは大違いだね。

23時頃やっとトイレ休憩。
ここには結局40分以上停まってたな。長いよ。
トイレ行ってもあまりにも時間があまってたので、高いのにお菓子買ってもたがな。でもここは親切なサービスエリアだぞ。バス発車前にアナウンスがありました。もちろんスペイン語だけど行き先名は地名だから聞き取れるよね。

ここでお隣さんと少し話したんだけど、英語しゃべるからおかしいなぁ(笑)と思ったら、彼女はエクアドル人で、ロンドンに住んでいたこともあるそうな。
私はボルドーで降りるけど、彼女は終点のパリまで。パリにはなんと明日の13時に着くそう、地獄だね(笑)私が降りたら足のばしてゆっくりしてね。

やっと休憩終わって走り始めたら、23:50から「TAXI」上映(笑)
やっぱフランスへ向かうからリュック・ベッソンね。もちろんスペイン語吹替(苦笑)口の動きとか全然合ってないけどきにしないんだね。字幕出てるけどそれもスペイン語、意味ねー。

私はいつのまにか寝てたけど、絶対最後まで上映してないのにもう画面消えてたよ(笑)


本日の支出:約1,591円
4545歩(約2.6km)
スポンサーサイト



久々に町歩きを満喫。 - 2012.06.26 Tue

ここ2日ぐらい死んでたけど(笑)、今日は曇ってるので外に出られる!
11:30チェックアウトなので、バスまであと12時間もあります。。

時間を気にせず、太陽を気にせず、相手の気分も気にせずにただ気の向くまま好きな方向へぶ~らぶらするのってめっちゃ久々な気がします。
この感じやっぱ好きだなぁ。
なんて淋しい子になってしまったのでしょうか、こんなに1人が好きだなんて(笑)
いつまでも協調性のない残念な人間です。

でも、路地で地図にも載ってないような小さな教会を見つけて入ったら中がすごい豪華だったりするときのコロンブス気分("発見"といいたい(笑))わかるでしょ?

相変わらず歩けばいくらでも教会に当たります。(写真)

こんなとこにもローマ遺跡かしら、城壁がありました。(写真)

今どのへんかなぁと地図を見ていたら"Mercado"と書いてあるのを発見!
私の大好きな市場じゃあ~りませんか!
英語はマーケット、仏語はマルシェ、西語はメルカド…単語は似てるけどそれぞれの発音の違いにお国柄が出てておもしろいよね。

もうすでに13時を過ぎてるので閉まってるかなぁと思ったけど、数件開いてました。
(写真)
バスで食べる用に手頃なアメリカンチェリーを(日本だと酸っぱいイメージだけどこっちのはクセになるおいしさだよ!)。
ぜんっぜん言葉通じないけどちょっとだけ~というて1ユーロ。
素晴らしい!


お腹も空いてるので市場で何か食べたかったけど、そういうお店はありませんでした(閉まってるのかもとからないかは不明)。
立飲みビール屋はありましたよ。
すごい人だかりで何かと思った。(写真)

その向かいの店にスペインオムレツの写真を見つけたので勇気を出して入りました(笑)

愛想の良い黒人さんに、わかる単語で頑張って注文します。
よく見たら写真の下に小さい字で"8ユーロ"の表示が…。ヤバい、思ったより高いなぁとソワソワしながらアレ!アレ!ってめっちゃ指差してたら「あぁ、トルティージャかい?」ってわかってもらえました。
でもトルティージャないって言われた…。かわりに魚はどうだ、うまいのがあるぞみたいなことを言ってます。
値段がわからないのでかなりソワソワしてるけど、夜ケチったらいいやとそれでOKしました。

これが大正解!かなり美味しかったです!

ソワソワしてたけど魚とビールにパンが付いてきて3.30ユーロ!
スーパー行くより安くてお手頃やん!
こんなことならもっと早くカフェ・バルに1人でも入ってればよかった。

地元の人たちでいっぱいで、観光客価格じゃないからこんなに安いのかも?

スペイン名物生絞りジュースを作るとことか、チーズ取り出してカットしてパンに乗せたと思ったら食べたりとか(注文じゃなくて自分のオヤツだったみたい)、カウンターの客と楽しくしゃべりながら自分も飲み食いしてるヌル~いかんじが地元感満載でとてもよかったです。

机の上に鍵が置いてあったけど、これはトイレの鍵でした。
客以外が使わないようにしてるんだね。
このトイレも便座はないしビックリするぐらいせまいし、地元感満載でよかったです(笑)


安くて美味しいものが食べられて、大満足の超いい気分で散策を続けているとだいたい町は見終わったので、物欲が沸々…。
ただでさえ安いのにボチボチセール始まってて(ZARAとかMANGOとかストラディバリウスはまだでした)欲望を抑えきれません!

ZARAはちょっと高いけど(そのかわりオシャレ度が高い(笑))、MANGOもストラディバリウスもそのままでもめっちゃ安くて可愛いものが満載!
3,000円前後で鼻血が出るほどかわいい服が買えます!
もっと予算があればなぁ~(涙)
次回は買物目的で絶対もう1回スペイン来ようと思いました。

ほかにも腐るほどファストファッションブランドがありました。
でも、よく知らないブランドよりもさっき挙げた3つやH&Mやoyshoとかある程度有名なとこのほうが断然かわいい!
そういえば、トップショップとプライマークは見てないなぁ。

「必要な物だけ!」っと何度も自分に言い聞かせて、サンダルと帽子とショーパン(この歳で誰が履くもんかと思ってたけど、恥じる気持ちがこの暑さに負けました)を探します。

ショーパンと町歩き用ペタンコシューズ(サンダルちゃうやん!)はよく知らないShanaというところで18.98ユーロ(2,000円未満?!)


帽子は百貨店みたいなとこで8.10ユーロ(1,000円未満!)


百貨店みたいなとこで帽子をいろいろかぶりまくってたら、店員さんがよってきて「旅行者ならIDがあれば10%ディスカウントよ」とたぶん言ってます。見てたやつはすでにセール価格でその上10%オフならもう買っちゃう!
売り場すぐ横のお客様センターみたいなとこでパスポートを見せて
こんなん発行してもらいます。

店員さんがこのバウチャーについてスペイン語でめっちゃ説明してくれるけど、わかったのは「スーパーメルカド、リブロ、ノー」「アキ」「オイ、マニャーナ」のみ。
この単語から予想するに、デパ地下と本屋では使えない、ここのみ、明日来たら明日は明日でまた発行するから、と言ってると思う(笑)。
そんなわけでこの階をもうちょっと散策。
ほんと日本の百貨店とあんまかわらない。(写真)ちょっとショボいかな。
化粧品カウンターの中でケラスターゼを発見!

奥にシャンプー台みたいなんがチラッと見えたけど…(笑)

実は旅の当初から、ヨーロッパのもんだしこっちで買えば安いだろうと探していましたが、対して安くないです。
見かけるたびに値段見てるけどどこもやっぱり2,000円超えてる。
ヨーロッパのブランドじゃないんかな?
ここでもやはり日本と大差なし。
でも私は10%ディスカウトだし、大差ないとはいえ200円ぐらいは安いし…。
それにこっちの気候と水から髪がブチブチに来れて瀕死状態だからなぁ(まぁ日本でもチリチリだけど(苦笑))。
そういえばこのままいくとシャンプーもリンスもなくなるなぁなんてグルグル考えて、オイルではなくトリートメントを買うことに。
そらラインで買いたいけどよ。
重いし予算ないし。
なんでトリートメントかと言うと、シャンプーはなくなったら最悪石鹸で代用できるけど洗髪後に整える成分の入ったコンディショナー的なもんだけは、文明の利器に頼らないとムリだと思ったから。
サバイバル能力あがってるでしょ?(笑)
トリートメントはオイルよりちょっと高くて22.50ユーロ。この10%オフだから、2,000円ちょっとだなぁと思ってたら、バウチャーがうまく反応しないみたいでお姉さんがちょっと待っててってバックに行っちゃいました。
帰ってきたら1日1回しか使えないみたいで割引はできないわ的なことを言ってます。
がーん!帽子なんて元から安かったからこっちにディスカウト使いたかったよ~(涙)
言葉がわからないって恐ろしいよね(苦笑)

日本に入って来てるのはほんの1部みたいで、めちゃめちゃ種類ありました。
でもやっぱり日本へ輸入されてる日本語表記があるやつをチョイス。小心者でけっこうさ。


アベンヌのハンドクリーム(日本ではだいたい1,200円かそれ以上で売ってるやつが9.55ユーロであったけど、さっきの買物が痛かったのでやめました。
またフランスで出会えるさ。

デパ地下で水だけ買って、サンダルを求めてまたお店が並んでる通りを歩きます。
私が求めてるのは、ビーサンタイプじゃなくて指がわかれないつっかけタイプ。
ビーサンタイプのサンダルで歩き過ぎて足の親指と人差し指の愛だが痛くなっちゃったんだよね~。
でもほとんどがビーサンタイプで価格との折り合いもつかなくてサンダルは買えませんでした。
次の町で探そう。
私の大好きなプラットフォームが3,000円ぐらいでめちゃめちゃ売ってるんだけど、かさばるし貧乏町歩きには向かないので断念しなくてはなりません(涙)
絶対迎えに来るからね~!

朝は曇ってたけど、だんだん日が出てきたし、観るとこも観たので、文句言われない限り電気と便器とWi-Fiを使わさせてもらおうと、宿に戻ってきました。
あと約6時間、ずっとここにいていいかな?

なんにもする気がしない。 - 2012.06.25 Mon

もうアンダルシアの強烈な日差しにはうんざりです。
帽子もないから真っ黒な頭は5分で発火するね。

がんばって観光しようと思ったけど、今日はほぼ丸1日宿でうだうさてます。
部屋にちゃんとエアコンついててタダなんだけどリモコンがなくて、それをデポジットとして5ユーロ払って借りるシステムです。
誰かがリモコンなくしたからこんなことになってるんやろな、まったく迷惑なシステムだ!
しかもお釣りくれたらいいのに、5ユーロ札しかダメで10ユーロ札もコインも受付けてくれないから部屋で干からびかけてます。
おとといはレセプションのねぇちゃんが、「今ピってつけてすぐ返してくれたらOKにするわ」って貸してくれたので快適だったけど、昨日から通算して新たに2人入ってるから誰か借りてくれるだろと思って待ってるんだけど…。

めっちゃ暑いしめっちゃ眠いし頭が働きません…。
今までハードな移動とかで全然睡眠取れなかったこともあったけど、ここまでヒドくなかったのに、昨日からどうにも眠気を抑えられません。なんでこんな眠いのか不思議なくらい気がついたら気ぃ失ってる(笑)暑さってこんだけ体力奪うんだね。

"日曜無料"ってことで、セビリア観光の1番の目玉のカテドラルを今日までとっておいたので、とりあえずコレだけはマストだから行くことにします。

今朝ものんびり9時ぐらいに起きて朝ごはん食べて、またいつのまにか寝て、ちょっと洗濯して…ってしてたらもうほぼ12時。
今日も超贅沢に時間使ってますな。
たしかにカテドラル開いてたけど手前のほうだけで、ミサがあるのでその先には入れませんでした。
ぎりぎりコロンブスの墓がこんなかんじで見えるけど…(写真)これじゃなにかわからないね。

庭と塔には行けませんでした。
基本日曜は14:30~となっているのでもしかしたらその時間は奥にも入れるかもしれないからまた後で来るとして、次は"サンタ・クルス街"ってのを見に行くことに。

よくわからなくなて迷ってたら"Museo de balle flamenco"と書かれた矢印発見!
コレ、みんなが言ってたフラメンコ博物館だな。
対して興味はないけどあまりにも「行くべき」ってみんな言ってたから覗くだけ覗いて高かったらやめようと行ってみることに。
(写真)
入場料10ユーロ(夜はフラメンコショーやってるんだけど、フラメンコとセットで見たらたしか36ユーロぐらいだったかな?忘れました)。興味ないもんにこんなに金払いたくないけど、冷房につられてついつい入っちゃいました。
ばっちり日本語案内完備よ~。
(写真)
中で話しかけてきた係のおっさんによると、フラメンコを習ってる日本人がよく来るみたい。フラメンコ習ってるのか?日本で流行ってるんだろ?とかいろいろ言ってた。そして最後にチュッチュされそうだったので慌てて逃げたら、両手を合わせてあやまられました(笑)
傷つけたかなと思って、「ヨーロッパ式の挨拶はびっくりしちゃって…、ごめんなさいっ」ってかわいく言い訳しときました。
アンタが博物館で流れてたビデオに出てた人ぐらいかっこよかったら受け入れてたよ。
私にとってはこれで10ユーロは高すぎるわってかんじでした。

今日から中国人が入ってるんだけど、彼女もやたらフラメンコショー勧めてきたなぁ。
グラナダでハズレ引いたからかわからないけど、何がそんなに素晴らしいのかほんとによくわからないのよ。
5分見たら飽きる(笑)。
これはダンサーの良し悪じゃないと思う。
私の好みの問題。
「素晴らしいの見てないからダメなのよ!○○へ行くべきよ!すごいよかったんだから」みたいなことをトータル5人に言われたけどほんと別にもういいのよ。
そう言ってるのに中国人がしつこく場所教えるからって地図出して離してくれない…。
あたしゃそんなことより風呂入りたいのに。。

同じ部屋に泊まってみて、みんなが彼らを苦手とする理由がよくわかりました(苦笑)
たまたま彼女がよくなかっただけかもしれないけど、こっちはこっちでやることあるからそっとしといてほしいのに、しゃべることを決して辞めません(ムシしても1人でずっとしゃべっててやかましいったらありゃしない)。
しゃべるだけしゃべって、もう遅いから寝るわと。
勝手に寝ればいいのに電気消せとうるさい。
お前のせいで荷物整理する時間なくなったから今してるのに何やねん。
韓国人も彼女には参ってました(笑)。
中国人も明日の夜行バスでリスボンに行くらしく、一緒に行けるね、たしか席決まってないから…みたいなこと言ってたけど絶対ヤだよ(笑)
私は車窓眺めるの好きだし(夜行だからビミョーだけど)静かに旅したいのよ。
そして何よりアンタ臭いのよ!(笑)
長袖着てたっぷり汗かいてそんなに臭いのになんで風呂入らないの?
隣どころか前後の席もご勘弁!だわ。

話が前後しちゃうけど、フラメンコ博物館の後、時間もちょうどいいのでカテドラルへ行きました。
ところがどっこい完全に閉まってる!
今日はたまたまなんかイベントがあるのか、入れませんみたいな看板が…(写真)
英語ないからわからないけど、この看板の前でガッカリしてる我々に、スペイン語読める人が「No」「Close」と単語で説明してくれました。
はぁ、しょんぼり。ケチらんと金払って見に行くべきだったかしら?
でも、正味カテドラルってどこもそんな大差ないので、私にとっては、よっぽど有名なとこ以外は外観だけで十分だな。

さらにどっか行きたいけど、もうほんと歩く気力もわかないので宿に避難。まだ16時ぐらい(笑)
別にお腹すいてないけど、ヒマなんでランチでも作ることに。
フランスのかわいこちゃんがくれたラビオリ(?)みたいなのを湯がいてみました。

ふーんって味(笑)

いかにもメキシカンな兄ちゃんがピザ食べてて、少し話したけど、彼も英語が苦手みたいでお互いいい勝負。日本といえば、アニメとドリフトがポピュラーだろ?って言ってたけど、それは一部の人にだけだからね。
外国人がかわいい発音で"ルロウニケンシン"って言ってるのがめちゃおもろかったです。
彼も言ってたけど、国内線とか自国のエアラインってやっぱ高いんだね。
彼はサンティアゴ・デ・コンポステイラに留学中なんだけど、そこからカンクンまでは5,6万で行けるのに、メキシコからだと10万以上するって言ってた。
バルセロナであった韓国人も、僕にとってJALはめっちゃ安いけどアシアナはめっちゃ高い、日本は逆だろ?って言ってました。

JALが安いなんて外国人うらやましい。

どんどん話が脱線しちゃったけど、結局ランチ後もうだうだ昼寝して、20時前に帰ってきた韓国人と一緒に夕食を作りました。
ほんと今日はな~んもしてないわ(苦笑)
彼女は迷ってるうちにチャイニーズスーパーを見つけて辛ラーメンをゲットしたって言ってたんで一緒に夕食作ることにしたの(笑)

私はフランスのかわいこちゃんにもらったパスタを湯がいて、お互いのものをシェアしました。

まったくお金かかってないぜ♪
あぁ、アジアの味素晴らしく懐かしい(笑)
パッケージはスペイン語で、日本で買う辛ラーメンと同じ味(本場韓国のより辛くない)でした。

今日がセビリア最後の夜なので、夕食後夜景を見に行くことに。
まだまだ明るいので22時まで待ってからね。

スペイン広場の夜景


カテドラルの夜景(写真)

アルカサル?(写真)

23時過ぎに宿に戻って、さっき書いた中国人の攻撃を受けるのでした。

本日の支出:約1,010円
30711歩(約21.4km)←昨日の夜中だいぶ歩いたからね。

ついにアルハンブラ宮殿へ。 - 2012.06.18 Mon

昨日の宿の人や日本人観光案内のおじちゃん、それからいただいたガイドブックにも当日券を手に入れるなら、チケット発売開始時刻の8時までに並ぶべしっていう脅しがあったので、今日は気合い入れて早起き、7時に宿を出ました。
せっかく朝食付きなのに時間が合わないから食べられなくて悔しいです(ケチ)
一応超食べにくいひまわりの種持っていくけど、昨日スーパーに行けなかったので他に食料らしきもんがない。
どうしようかなぁと思いつつ、おいしい匂いがしたので、開いてるカフェで朝ご飯を買うことに。
やっと念願のスーモデナランハ(生しぼりオレンジジュース)をゲット。しかしジュースがお酒より高いなんてね。
こんだけで5ユーロ。(写真)
高いなぁと思ったけど、スペインなのにこんな朝から開いてくれてるから許すか(笑)
ってか、スペインって夜更かしで朝遅いイメージが強いけど(実際ランチは14時頃が多いらしいし)人がいないうちに掃除する係りの人とか、ランニングしたり犬の散歩したり出勤するのかな?っていう早起きな人が結構います。

昨日宿の人に32番バス(チケット売り場は結構遠いし、チケット絶対入手したいのでバス乗ります(笑))だよって聞いたけど、そんなバス停ないぞ!1分もムダにできないのにっ。観光客っぽい人が待ってるバス停があったので、アルハンブラに行くか聞いたらそうだというので、安心してそこに来たバスに乗りました。たしか30番だったと思うけど、うるおぼえです、すみません!1回乗車1.20ユーロでした。

アルハンブラに着いたのは7:30。気合い入れて来すぎたかと思ったけど、すでに10人ぐらい並んでました。
入場料は13ユーロ。無事に買えて入口へ行きますが、開場は8:15分らしく、また門の前で待ちぼうけ。
アルハンブラ宮殿の目玉、ナスル朝宮殿(王宮)の入場だけ時間が決められてて、その時間に入らないとアウトです。私は朝一でチケット買ったから入場もたぶん朝一の8:30。いろいろ立ち止まって写真撮りたいけど、とりあえず王宮へ急ぎます。

これかぁ…。

あれっ?なんか感動薄い…。
水がたっぷり張られてなくて水鏡になってないし、コケ取り掃除してるし…。
初めてイスラム建築を見る人にとってはかなり感動的なんだろうけど、私は以前ウズベキスタンでこの手の建物、ってゆーかこれよりもっと豪華なもん見てきたから「こんなもんか」って思っちゃいました。すみません(笑)
何かと工事中だし(笑)(写真)

でもお庭はすごくよかったです。
いろんなお花がたくさん咲いてたし、植木のカッティング(なんていうのかな?)がかなりムリあっておもしろかったです。(写真)

かんなりだだっ広い土地に、王宮だけじゃなくいろいろ建物があるんだけど、はしから端までくまなく見たら結構な距離歩いてることになります。
(写真)

昨日無料で入れるところはとりあえず見たので、そこは飛ばして見たけど、結局4時間ぐらい宮殿敷地内にいました。広かったなぁ。
お昼時でかなりお腹すいてたんだけど、やっぱり敷地内の食べ物はしょうもないもんでも高いので、我慢して下山して町のスーパーで買うことに。

っていっても、バゲットサンド3ユーロ、マグナムアイス2ユーロ、コーラ1.50ユーロといった、ヨーロッパ人にとってはおなじみの値段なんで、買ってる人はけっこういました。
棒アイスに200円以上、500mlペットボトルコーラに150円以上なんて絶対払いたくないわね。
日本でも自販機やコンビニ我慢してスーパーまで行って89円で買おうとするケチケチタイプの私なんでね(笑)

またまた悪い癖で地図にない道を行きます。マジで誰もいなくて超静か。ちょっとビビりながら下っていったらすぐ大通りにでました。
坂ってだけで、アルハンブラはかなり町のすぐそばにあります。

激安スーパーを求めて歩いたけど、ミニマート系ばっかり。
そこでお昼買いました。(写真)

デジカメの容量がもうないので、
HDDに移したいし、こんな時間ならみんなでかけててPC使えるだろうと思っていったけど、ムリでした。
お昼食べながら待ってたけど一向にどく気配なし。
"私だいぶ待ってるんですけど~(怒)"って気配だして何回も覗きに行ったりウロウロしてみても、外人は"察する"ってことを知らないから全然伝わりませんね(笑)
私は待てないコなんで、イラっとしながらもう「いつ終わんの?」って言ってやろうと行ったらちょうどネットの調子がおかしいとかで使えなくなってたみたいでのいてくれました。(私はデータ移したいだけでネットの必要ないからね)
そこでデータ移してると日本人らしき男2人組を発見。
でもかなり流暢な英語で外国人と話してるし風貌もあやしい。どうかなぁと思って不意に日本語が聞こえたので思わず話しかけました。
やっぱり日本人で、今からお昼作るところらしい。
さっき食べたところだけど、よかったらどうぞと言ってくれたので参加させていただきました。
2人とも海外に住んでたこともあって、英語はかなり堪能だしとっても旅慣れてる様子。
1人はバイクで世界回ってるコで(もう2年ぐらいらしく、髪も髭もボーボーのベテランの風格)もう1人は"歩きニスト"と言われる1日30kmぐらい歩いたりする人らしい(笑)私が行きたいサンティアゴ・デ・コンポステイラ巡礼の路をマジで歩いて行ってきたらしい!)
私けっこう頑張って歩いてると思ったけど、全然まったく甘ちゃんだわね。
めっちゃいろんな話をたくさん聞かせてくれました。世界はほんと広いよなぁ(笑)
もちろん男の料理、ワイルドなパスタもめっちゃおいしかったよ!ごちそうさま。(写真)量多過ぎ!

グラナダの見所はだいたい見たので、午後は昨日教えてもらったデパートに行こうと思ってました。
これからどーすんの?って言われたのでそう言ったらじゃあ行くっていうのでいったん部屋に戻ってから一緒に行くことに。

もう17時すぎてるけど、どうみても14時ぐらいの日差しなので、太陽がもったいないからまた洗濯しときました。(この部屋は日当たり良好!)

まちあわせの18時にロビーへ行くと外国人だらけの大所帯になってました(笑)

バイカーのコはとっても社交的でガンガン話しかけていくので、ほんのちょっとの間でオランダ人の女の子とニュージーランド人の女の子とアメリカ人の男の子と友達になってました。

そしてみんなでゾロゾロお出かけ。
昨日きいたスーパーの正確な場所も名前もわからないのにみんなを連れて行けないよ(苦笑)
まさかこんな大所帯になるとは思ってなかったので責任重大!
「こっちにあるらしいよ」っていういいかげんな道案内で進んだけど、ありそうにない…。
まぁまぁ進んだところで、ミニマーケットじゃないスーパー見つけたのでもうそこに入ることに。

アメリカ人の提案で晩御飯のメニューはタコスに決定!
みんなで材料を選び、それぞれ個人的に必要なものは個人で買います。日本人とワリカンの感覚が違うみたいで、歩きニストくんがとりあえずみんなの分の材料費を払ってくれてたけど、みんなちゃんと彼に払ったのか心配です。
すごくしっかりしたコで、道具とかもなんでも持ってるし、よく気がついてめっちゃ働いてたし優しくてすごいイイ子だから、あらゆるところで損してないか心配です。
ワイワイみんなで準備中。
なんと肉はBBQスタイルで炭をもらってきて焼いてました。
アメリカ~ン!
ここで彼のあだ名は"シェフ"に決定(笑)

私は浅漬けのもとでなすをつけました(笑)前回の反省から今度はちゃんと皮を剥いてね。
やっぱりアクもあるし見た目超ヤバいけど、"おいしいよ"っていって食べてくれました。

タコスパーティー♪(写真)
おいし~楽し~夕べでした。

今日はスペインVSクロアチア戦があるみたいで(オリンピック予選?)、Barにサッカー中継を見に行くって言って1人抜け、1人抜け…ってかんじで自然に解散。
私は残ってたシェリー酒を飲みながらしばらく談笑した後で明日のために外には行かず部屋に戻りました。

こんな出会いもあるんだなぁ。
今日は楽しかった。
しかもみんな集まれば安い予算でゴハン食べられるしサイコーだな♪

もっと英語がしゃべれたらもっともっと楽しいし、ガンガン話しかけて行って毎日こんな楽しく過ごせるのになぁ。

マジで日本に帰ったらお金かかっても徹底的に英語を習うぞ!(遅)

本日の支出:約3,136円
27332歩(約17km)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ともみ(30♀・無職・貧乏)

ともみ(30♀・無職・貧乏)
              
どうにでもなれ。と思ってます。
どうにでもなる。と思ってます。

リンク

コスメ・コム 【運命のコスメが見つかる!買える!コスメのセレクトショップ】LOTTE STYLE 楽天トラベル株式会社 Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】
  • 管理画面
  • このブログをリンクに追加する

    日本の時間とともみの時間

    【今、日本】
    FX初心者の入門講座
    時計が上手く表示されないので変えました。(ロンパリしかでないけど…) 正確な時間はコチラへ。

    カレンダー

    カテゴリ

    はじめに (10)
    旅の準備 (7)
    1カ国目:スイス (6)
    2カ国目:リヒテンシュタイン (1)
    3カ国目:イタリア (4)
    4カ国目:スロベニア (0)
    5カ国目:クロアチア (0)
    6カ国目:モンテネグロ (0)
    7カ国目:バチカン市国 (0)
    8カ国目:サンマリノ共和国 (0)
    9カ国目:フランス (0)
    10カ国目:スペイン (4)
    11カ国目:アンドラ公国 (0)
    12カ国目:モロッコ (0)
    13カ国目:ポルトガル (0)
    14カ国目:ドイツ (0)
    15カ国目:オーストリア (1)
    16カ国目:チェコ共和国 (0)
    17カ国目:ハンガリー (0)
    18カ国目:ルーマニア (0)
    19カ国目:ブルガリア (0)
    20カ国目:ギリシャ (0)
    21カ国目:トルコ (1)
    旅の記録 (2)
    その他。 (10)
    まとめ (0)

    最新記事

    最新コメント

    QRコード

    QR

    いらっしゃい。

    powered by 3ET
    powered by 電脳PC生活